岡崎トミ子!売国婆の歌





お富さん、名曲だとしみじみ思った。


posted by 右野翼 滅罪 at 23:00 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国家元首が2チャンネル脳な件!

ネトウヨの私がゆうのもなんだが、

リビアのカダフィは2チャンネル脳の持ち主だった。

流石にワロタ!

WIKIより

近年は態度を軟化させたとはいえその特異な言動と舌鋒は衰えてはおらず、2009年9月23日に初めて出席した国連総会では、ニューヨーク郊外のニュージャージー州に遊牧民族の伝統に則りテントを張り、そこを宿にした。

また一般演説の席上、国連安保理を「テロ理事会」と批判。国連安保理常任理事国にのみ与えられている拒否権を、国連憲章の前文で謳われている加盟国の平等に反するものと批判し、演壇から国連憲章を投げ捨ててみせ大国による体制を批判したほか[11]、「タリバンが作りたかったのは宗教国家だったのだ。だったらバチカンのように作ららせてやればいい。バチカンもわれわれ(ムスリム)にとっては危険な存在だ」と発言。さらに「オバマがずっと執権していればいい。オバマはアフリカの息子であり私の息子でもある」、「ケネディ元大統領の暗殺はイスラエルの陰謀。捜査した方がいい」「新型インフルエンザは細菌兵器として軍事目的で作り出されたもの」などと怪気炎を発した。これにたいし、会場は笑いに包まれた。カッザーフィーの演説は規定の時間である15分を上回る、1時間36分の長時間にわたった。この演説にたいしてオバマ大統領、クリントン国務長官などは、はじめから退席。イランのアフマディーネジャード大統領も途中で退席。機関銃のように言葉が飛び出す長時間の演説に、国連のアラビア語の同時通訳士が疲れきり、途中で
交代する場面も見られた。


陰謀論者!笑

                                      右野
posted by 右野翼 滅罪 at 15:36 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『きいタソ』〜自分の出来る精一杯が人を動かす〜

致知メルマガから転載
きいちゃんという女の子は、手足が不自由でした。
そして、いつもうつむきがちの、どちらかというと
暗い感じのするお子さんでした。

そのきいちゃんが、ある日とてもうれしそうな顔で、
「山元先生」と言って職員室に飛び込んできてくれたのです。

「お姉さんが結婚するのよ、今度私、
 結婚式出るのよ。ねえ、結婚式ってどんななの、
 私どんな洋服着ようかな」
 
と、とてもうれしそうでした。

「そう、良かったね」

と、私もうれしくなりました。

ところが、それから一週間もしないころ、
今度はきいちゃんが教室で泣いている姿を見つけたのです。

「きいちゃんどうして泣いているの」

と聞くと、

「お母さんが、結婚式に出ないでって言うの。
 私のことが恥ずかしいのよ。
 お姉ちゃんばっかり可愛いんだわ。
 私なんか産まなきゃ良かったのに」
 
とそう言って泣いているのです。


きいちゃんのお母さんは、お姉さんのことばかり
可愛がるような方ではありません。
どちらかというと、かえってきいちゃんのことを
いつも可愛がっておられて、目の中に入れても
痛くないと思っておられるような方でした。

けれどもしかしたら、きいちゃんが結婚式に出ることで、
例えば障害のある子が生まれるんじゃないかと思われたり、
お姉さんが肩身の狭い思いをするんじゃないかと
いうようなことをお母さんが考えられたのかなと、
私は思ったりしていました。

きいちゃんに何と言ってあげていいかわかりませんでしたが、
ただ、結婚式のプレゼントを一緒に作ろうかと言ったのです。


お金がなかったので、安い晒(さら)しの
生地を買ってきて、きいちゃんと一緒に
それを夕日の色に染めたのです。
それでお姉さんに浴衣を縫ってあげようと提案しました。


でもきいちゃんは手が不自由なので、
きっとうまく縫えないだろうなと思っていました。
けれど一針でも二針でもいいし、
ミシンもあるし、私もお手伝いしてもいいからと
思っていました。

けれどきいちゃんは頑張りました。

最初は手に血豆をいっぱい作って、
血をたくさん流しながら練習しました。
一所懸命にほとんど一人で仕上げたのです。

とても素敵な浴衣になったので、お姉さんのところに
急いで送りました。
するうとお姉さんから電話がかかってきて、
きいちゃんだけでなく、私も結婚式に出てくださいと
言うのです。

お母さんの気持ちを考えてどうしようかと思いましたが、
お母さんに伺うと、
「それがあの子の気持ちですから出てやってください」
とおっしゃるので、出ることにしました。

お姉さんはとても綺麗で、幸せそうでした。
でも、きいちゃんの姿を見て、何かひそひそお話をする方が
おられるので、私は、きいちゃんはどう思っているだろう、
来ないほうが良かったんだろうかと思っていました。


そんなときにお色直しから扉を開けて出てこられたお姉さんは、
驚いたことに、きいちゃんが縫ったあの浴衣を着ていました。

一生に一度、あれも着たいこれも着たいと思う披露宴に、
きいちゃんの浴衣を着てくださったのです。

そして、お姉さんは旦那さんとなられる方とマイクの前に立たれ、
私ときいちゃんをそばに呼んで次のようなお話をされたのです。


「この浴衣は私の妹が縫ってくれました。
 私の妹は小さいときに高い熱が出て、手足が不自由です、
 でもこんなに素敵な浴衣を縫ってくれたんです。
 
 高校生でこんな素敵な浴衣が縫える人は、
 いったい何人いるでしょうか。
 
 妹は小さいときに病気になって、
 家族から離れて生活しなければなりませんでした。
 私のことを恨んでるんじゃないかと思ったこともありました。
 
 でもそうじゃなくて、私のためにこんなに
 素敵な浴衣を縫ってくれたんです。
 
 私はこれから妹のことを、
 大切に誇りに思って生きていこうと思います」
 
 
 
会場から大きな大きな拍手が沸きました。
きいちゃんもとてもうれしそうでした。

お姉さんは、それまで何もできない子という思いで
きいちゃんを見ていたそうです。

でもそうじゃないとわかったときに、
きいちゃんはきいちゃんとして生まれて、
きいちゃんとして生きてきた。

これからもきいちゃんとして生きていくのに、
もしここで隠すようなことがあったら、
きいちゃんの人生はどんなに淋しいものに
なるんだろう。

この子はこの子でいいんだ、それが素敵なんだということを
皆さんの前で話されたのです。

きいちゃんはそのことがあってから、
とても明るくなりました。
そして「私は和裁を習いたい」と言って、
和裁を一生の仕事に選んだのです。


いいぞ!
きいタソ!

≪次の記事 『雪絵タソ』〜死にゆく者が遺すモノ〜≫
posted by 右野翼 滅罪 at 08:21 | Comment(2) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。