滅罪辻説法「ジェントルマンの国」



 なんと美しく、凛々しい姿であろうか!!
 ミルコ・デムーロこそジェントルマンである。これぞまさに騎士道精神!!
 文化や作法は違っても礼節を尽くす姿は国境を越えて人々を感動させるのである。
 左翼のいう国境をなくせではない、彼は自国イタリアを愛するゆえに他国の文化を理解し、その象徴たる君主に最大の敬意を払えるのである。

 一方で我が国の与党、民主党には「天皇を国家公務員にせよ」という馬鹿がいる始末だ。
 岡田・小沢・中井と日本人でありながら陛下を罵倒する政治家さえいた。
 我が国の教育現場で、早急に神話とご皇室の素晴らしさを教えねばならない。
 そうすればイギリス王室やデンマーク王室の方々とお会いしたとき見事な最敬礼が出来る「日本のミルコ・デムーロ」が次々と世界に羽ばたくであろう。
 
 その国の立ち居振る舞い一つでいかようにも評価される。ミルコ・デムーロは陛下に最敬礼することで同時に祖国イタリアを輝かせたのである。
 ひとりひとりがどのように振舞うかでその国の評価が決まる。海外に出る日本人は気をつけねばならない。

 【競馬】天皇皇后両陛下に跪き最敬礼、陛下も拍手―天覧レース『天皇賞(秋)』優勝騎手ミルコ・デムーロ氏【動画】

 こちらに比較があるが我が国の隣国とは天と地の差がある。

 礼節が整っている国には誰しも自然と敬意を払う。なぜ我が国が植民地とならず、朝鮮やシナが植民地化されたか答えは明白である。

                                         滅罪


posted by 右野翼 滅罪 at 23:04 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和歌道 坂


image-00241028161503.png


大空に
でっかく描く絵空事
ワシは龍馬に
なってやるきに


我ながら、ダサ過ぎて土下座してしまいそうだ。
posted by 右野翼 滅罪 at 16:17 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。