江戸の混浴禁止令

江戸の銭湯は男湯専用、女湯専用、一軒を男湯・女湯に仕切ったもの、時刻で男・女を入れかえたもの、そして「入り込み湯」の五つがありました。
「入り込み湯」というのは混浴のことです。 江戸ではもともと男湯と女湯の区別がはっきりしていなかったそうです。 当然、風紀上の問題もあって(下の図の如く)、老中松平定信による「寛政の改革」により寛政三年(1791)正月二十七日、入り込み湯は禁止されました。しかし現代と同様で風俗に関することなので、徹底はされてなかったようです。


image-20130329124648.png


(川柳)猿猴(えんこう)にあきれて娘湯を上がり
薄暗い石榴口の中、娘が湯に入っていると、手長猿みたいな手がのびてくる。あまりにしつこいので、あきれて湯から上がる。



最近はどうも昔の日本人は大らかだった説に傾いている。
どうも明治で日本人の倫理観も西洋的になったのでは無いかと疑っている、、


posted by 右野翼 滅罪 at 00:30 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かの人たちの若き日よ

pic collage
image-20130329000459.png

最近のアプリは凄くてコラージュとか文字入れとかiPhoneですぐできるわけです。

おすすめ!

posted by 右野翼 滅罪 at 12:21 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かの人たちの若き日よ

pic collage
image-20130329000459.png

最近のアプリは凄くてコラージュとか文字入れとかiPhoneですぐできるわけです。

おすすめ!

posted by 右野翼 滅罪 at 12:21 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。