比べるモノと比べられないモノ


基本的なテーマだけれどもこれを踏まえずに話をしている人は多い気がする。

経済学者の三橋先生の鮮やかな比べっぷりに影響を受けたのと、
やはり、朝鮮人問題。

いい事をした悪い事をした。
と言う問題の根本である。

例えば慰安婦問題とか言う日本人がでっち上げた腐った問題があるわけだが、他国は慰安婦に売春婦はいたのか?どうか?

これと比べてまず考えないと意味が無い、犯罪にしても、他国と比べてどうなのか?

これを考えずに証拠を見つけたり否定したりしても何にもならないのである。

後は、三橋先生の鮮やかな比較。

今まで、日本は貿易立国だとか何とかメディアが言っていた、
印象としては間違っていないような気がする。

日本の大企業と思しき企業といえば、輸出企業である。

しかし、比べてみると、日本はGDPの中に輸出の占める割合は世界でも稀に見る程に低いのである。

まあこれは四年以上前から言われている事であるから特にいいのだが、要は比べないと答えが出ない問題がある、と言う事だ。

少子化だ!輸出依存だ!

と言っても比べてみたら他の国と大差ない、または低い場合が多いわけです。

そして、比べられないモノ。

まさにご皇室、そしてわが国の慣習、様式、美や、伝統は、比べてもいいのだが、比べたところに本質は無い。

他国ではこう言うモノだ、という論理が入り込む余地の無いモノだ。

ここに西洋的理屈をいれたり、時代がどうこうという話をしたり、外国人には理解が出来ないとか、違和感があるとか、野蛮だとかは大きなお世話であり、これは比べるモノでは無い。

この領域に、他国では…云々。
という議論は的外れなのである。

成り立ちから目的から何から違うのだから。

最近これを切に思う。

だからみんな、比べよう!!

そして比べるなかれ!!

みぎの


posted by 右野翼 滅罪 at 22:26 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。