純粋と死


今日は深い話題であり、日本人の死に対する美、
と言うより、三島先生などの解釈を含めた、美と純粋と理想です。


ハッキリ言うと、純粋で理想的な思想を生きようとすると、おかしくなります、それはテロリストになったり、社会に有害になる場合が多いです。

それを避けて生きると、薄まります、それは明日を生きようとすれば、思想はさておき金を儲けないと、とか、こんな事してたら誰にも理解されないな、相手にされないな。
結婚出来ないな!!

と言う事になるわけです。

大人になるとはそう言う側面があります、純粋にやりたい事、カッコいい生き方、などはさて置き取り敢えずメシ食わないといけない。
政治活動なら、自分の思想はさて置き人を集めないといけない。

と言う事になります。

生きようと思うと、純粋は無くなるのです、何かの手法に自分を合わせざるを得ないわけですな。

自分はこうだけど、仕方ないからこうしよう、とならざるを得ない。

保守の方々は比較的、純粋さを求める人が多いと私は信じておるんですが、生きようと思えば無理です。

日本人があれだけ死を生きる事を強調したのは、明らかに自分の人生の役割に対する純粋を重んじたからであります。

次の日、それがもう来ないその一日に人生の輝きは駆け巡るのであります。

切腹したあと次の日がくるなら、出来るわけはないし、やる事も意味が無いわけです。

話は飛ぶかもしれませんが、魂は思想は、形がありません。

形がないわけでは無いですが、現すのが難しい、言葉に出来ないのと一緒で表せない。

しかし、思想は、魂は存在するのです、それをより完全な形でこの世に現そうとしたら、肉体は耐え切れません、肉体は火傷もするし、腹も減るし、性欲もあるし、走ったら息は切れるわけです。

そして肉体を保ちながら思想の純粋を表すのは無理です。

日本人は明らかにそれを知っていました。

特攻隊の人々の気高い死に様と言うモノはまさに、思想の、精神の純粋に、肉体が耐え切れず炸裂し、途方もない輝きを放った
世界の精神史上の金字塔と言えます。

大和魂と言うモノを、完全な形で表すには、死ぬしかありません。

語弊があるかな、
僕はそう考えています、としておこう。

後、純粋な精神は光るんです。

輝きを放ちます、しかし、それは刹那であり、純化しきるのは死ぬ瞬間のみなのです。

だから特攻隊の方々の肉体の炸裂と共に輝いた精神は、尊い。

あれは精神の金字塔であり、あれ以上肉体を持つ人間が精神の純化は出来ない、その極限だったと思います。

社会は純粋を嫌います、
何故ならそれは危険であり、暴発的であり、絶対的で、断固としていて、話し合いでどうにもならず、妥協を一切受け付けないからです。

精神の純粋の究極は死にあり!!

そして、その純化された精神は欠片となり、受け継ぐモノの心に飛んで行きます。

これを留魂と言うのです。

あの松蔭先生の留魂です。

みぎの

p・s

後、思想はそれのみで存在する。

それは妄想ではない。
現実として成り立たなかったら思想は意味がない!!
そんな事はあり得ない。
例えそんな思想を実現させる社会がなくても、体現する人間がいなくても、思想は妄想ではない。
これを説明するには私はプラトンのイデア論を使う。
イデア論とは、例えば、三角形は誰も描く事が出来ません、三角形っぽいモノは出来ますが、どんな精密な機械でも正確な三角形は作りようが無いのです。
だったらこの世には三角形と言うモノは存在しないし三角形という概念は意味が無いのか??
いやいや、そんな事は無くて、我々は三角形を見た事も触った事も無いが、三角形をちゃんと皆知っているし、意味がある事も知っている。
その認識している世界をイデアと呼んだわけですな、触れる世界とは別に認識?の世界があると。

精神も思想も同じ、それが実生活で役に立つとか、政治制度として到底成り立たない現実性の低いモノだから単なる妄想なのか??

私はきっぱり否!と答える。
気高き精神はあるのだ。


posted by 右野翼 滅罪 at 16:29 | Comment(1) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抽象論

議論

今日は上念さんと、中共支持者のTwitter議論が凄く面白かった。

でも、これ議論って危険だね。

議論以前に中共が極悪国だってのは自明何だけども、なーんの知識もない人間がこの議論を聴いたら、どっちにもある程度、理がありそうな気持ちになる。

これは抽象論の怖さ何だよね。

個別の事象を見て、その後で流れにして行かないと、もうイイも悪いも、言ったもん勝ちみたいになる。

で、今回多かった、と言うか。
よくある議論。

三つの詭弁を見つけた。

その一!
一回やった事があるなら、他の奴が何回やっても、どんな内容でやっても一緒論!!

一回万引きでもしたら、殺人犯を批判出来ない理論やね。

その二
互いに同化して行く、もしくは時代の優位により、吸収されざるを得ない同化現象と、武力と殺戮、策略のみで仕掛ける侵略、民族浄化を同一に扱う。

その三
時代の全然違う事を持ってくる、江戸時代にした事と今の中共がやる事とを一緒にする。

もしくは、規模が全然違う事を一緒くたにする。


こういう議論になる。

これをやられると知識が無い人はわけが分からなくなって、それはそれで正しいような気持ちになる。

でも、これはダメやね。

これは事実ではない、

これをちゃんとわかる、もしくは本質的な議論にするには、個別の出来事を一つ一つ見て行くしか無い。

例えば、中共は民族浄化をしていると言うけれど、人口は増えている、とかのたまう。

これは個別の事項を知らない人からしたら、

えっ?人口を減らそうとされるのが民族浄化なのに増えてるの??

となる。

これは、明らかに誤りで、

まず単純にその民族の人口が増えているかどうかがまず多いに怪しいし、仮に増えてたとしても、

百万人規模の虐殺や、処刑はバンバンやってる、強制不妊治療、漢人との強制混交など、完全に人権を無視した事が行われている。

仮に増えているとしても、民族浄化と呼んでいいし、民族浄化を目指した人権弾圧である事は明白。


これは個別の事項を見て行けばすぐに分かるんだけれど、抽象論でやり取りしていると、どっちが正しいか分からなくなる。

みんな気をつけたいね。

みぎの
posted by 右野翼 滅罪 at 17:35 | Comment(2) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルクソール事件〜イスラムテロを忘れるな〜


 平成9年(1997年)11月17日午前9時15分(日本時間午後4時15分)、エジプト、ルクソールの王家の谷近くにある、ハトシェプスト女王葬祭殿の前で外国人観光客ら200名がテロリストに襲撃された。

 下手人のマハモート・ファラシューティらは観光客を待ち伏せ、無差別に自動小銃を乱射。
 
 テロリストは弾薬がなくなるまで撃ち続け、短剣で襲いかかった。現場は阿鼻叫喚の地獄と化した、観光客らは成すすべもなくなぎ倒された。テロリストは執拗に生存者を探し出しては、頭部に銃弾を撃ち込んでとどめを刺していった。凶行は約30分に及んだ。事件現場は血の海となった。
 
 犯人は現場から逃亡し、警察との銃撃戦の末、6名全員が射殺された。

 これによって、日本人10人、スイス人43人、イギリス人4人、他3人の計60人、エジプト人のガイドや警察官計3人、テロリスト6人の合わせて69人が死亡し、85人が負傷した。

 エジプト外国人観光客襲撃事件、世に言うルクソール事件である。

 『エジプト外国人観光客襲撃事件』


 この事件ではJTBが企画したエジプト・ギリシャツアーに参加していた日本人も犠牲となった。凶弾に倒れたのは5組の夫婦(内4組は新婚だった)と女性添乗員、計11名であった。
 重体となった新婚夫婦の夫(当時29歳)を除いて、全員が殺害された。検視の結果、ほとんどの人が正面から撃たれていたという。

 当時筆者は中学生だったが、幸せの絶頂にある若い夫婦が突如命をを奪われたことに世間が衝撃を受け、マスコミ各社も連日報道していたのを覚えている。

 私がなぜ今、この事件を取り上げたのか。それは最近、「反米論を撃つ」(田久保忠衛・小森義久 著 恒文社)を読み返していて、同書に掲載されていたご遺族の方の投書を眼にしたからだ。

 反米論を撃つ [単行本] / 田久保 忠衛, 古森 義久 (著); 恒文社21 (刊)

 これは平成9年12月16日の朝日新聞「声」欄に掲載された、JTBの女性添乗員(事件当時47歳)のご母堂の投書である。私はこれを目にし何ともいえない気持ちになった。
 

 「娘が帰ってきました。エジプトのテロ事件で殺されて帰って来ました。十年余も添乗員をやり、あんなに楽しそうに行ったのに。
 そのくやしさ、つらさに気も遠くなる思いです。娘の名を呼びながら、家に帰ったよと言ってやるのが精いっぱいでした。
 額は包帯でまかれ、口もとしかわからない。いよいよ火葬になる時、そっと頭の包帯を上に上げて見ました。やっぱり富己恵だ。
 そしたら、その下に穴が開いています。もう涙がとまりません。みけんを真正面からうたれた穴でした。」


 9・11テロが起きたとき、左翼文化人・陰謀論者・そして反米保守が一斉にイスラム原理主義者を擁護し反米プロパガンダを開始した。

 特に当時小林よしのり・西部邁らは耳を塞ぎたくなるような犯罪者擁護を展開した。西部は「ビンラディンはイエス・キリストに似ている」(「発言者」2001年12月号)「僕はアルカイーダ日本支部の老人クラブに入る」(「アホ 間抜け ビョーキの親米保守」)などと放言を繰り返した。

 また小林は「戦争論2」「テロリアンナイト」などでビン・ラディンを英雄のように褒め称えた。そもそも小林は「戦争論1」ではルクソール事件に触れテロリストを「個を喪失した狂信者」と批判していたにも関わらずである。

 だが、このルクソール事件を引き起こした「イスラム集団」はアルカイダと共闘し、アルカイダナンバー2でありビンラディン殺害後指導者に就任したアイマン・ザワヒリとも関係が深い。
 無辜の同胞を虐殺したのは間違いなく彼らが称えるイスラム原理主義者なのである。

 そもそも小林はWTCは「バベルの塔」であり、「アメリカの傲慢が神の怒りを買った」などとテロを絶賛しているが、9・11テロでは日本人24人が犠牲になっている。
 

 虐殺された同胞、悲しみに暮れる遺族など眼中になく、加害者への賛辞を送り続ける―彼らは拉致事件に全く関心を示さず、その存在すら抹殺しようとし、金日成万歳を叫んでいた醜悪な連中となんら変わらない。

 
 いまだにこのようなテロリスト擁護や「日本は巻き込まれるべきではない」という論は根強い。
 
 かつては『悪魔の詩』 訳者殺人事件、そしてこのルクソール事件、フィリピン航空434便爆破事件、9・11テロ事件と我が国は中東情勢に深く関与しようが、しまいがイスラム原理主義テロの標的であり続けた。 そしてイラクではイラク日本人外交官射殺事件をはじめとする複数のテロ攻撃を受け、今回アルジェリアでも同胞がアルカイダの犠牲となった。

 ルクソール事件の女性添乗員や夫婦がイスラム原理主義と何の関係があったと言うのか。テロリストは恐らく中東の地理すらよく知らなかったであろう無関係の人々を自分勝手な理屈で虐殺したのである。

 加えて言えばルクソール事件の目的は、外国人を殺傷することでエジプトへの観光客を減らし、最大の外貨収入源である観光業、ひいては経済に打撃を与え、国民の不満をかきたてて政府転覆を図るというものであった。
 エジプトでイスラム集団がテロ活動を活発化させたのは、平成4年(1992年)ごろからだが、5年間で外国人だけでなくエジプト政府関係者や兵士や警察官など1100人を殺害している。なお共闘してたザワヒリのジハード団は同国のサダト大統領も暗殺している。テロリストは同胞であっても見境なく殺害する、テロは「弱者の最後の手段」でもレジスタンス運動でもないのである。

 そしてルクソール事件に衝撃を受けたムバラク政権が徹底的に関係者を検挙・掃討するとエジプトにおけるテロは沈静化し、観光業は再び息を吹き返した。「テロリストに報復しても問題は解決しない」という主張は虚偽なのである。

 テロは民間人や兵士や警官を国際法に反してをだましうちにする卑劣なものであり、現在アメリカだけでなく世界がテロと戦っている。イラク戦争に反対したフランスやドイツでさえアフガンに派兵している。
 
 そして国家には国民の生命財産を守る義務があることは論を待たない。日本に中立という選択肢がないことは明らかである。

 ルクソール事件は我が国がイスラム原理主義からの大規模テロを受けた最初の事件であった。
 イスラム原理テロはアメリカが対テロ戦争に踏み切って以降、かつての勢いはない。だが今後も発生するであろう。

 我が国が今後テロリストと対峙するとき、必ず国内ではテロリストを擁護したり、日本だけは宥和政策を採ろうという主張が必ず出てくるであろう。

 しかしその時思い出さなければならないのはこのルクソール事件である。この事件を見れば日本はとっくの昔に望むと望まざるとに関わらず、彼らのターゲットになっていることは明らかである。

 このような卑劣な所業を二度と起こさせない毅然たる姿勢と武力が我が国には必要なのである。
   
                                 
                                       滅罪
posted by 右野翼 滅罪 at 22:25 | Comment(3) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。