マッカーサーは日本の弁護などしていない

 
 大東亜戦争終結後の昭和26年(AD1951)5月3日、上院軍事外交共同委員会でマッカーサーが日本の戦争を自衛戦争だと証言したと保守論壇で主張される。

 これは保守言論人がマレー上陸・真珠湾攻撃を正当化する際に必ずと言っていいほど引用するもので、ネット上の議論でも非常によく見られる。

 これは昭和37年(AD1962)に菅原裕氏が「日本国憲法失効論」で紹介し、その後田中正明氏、渡部昇一氏、小堀圭一郎氏らによって広められた。
 最も影響力があったのは渡部昇一氏で同氏はこのマッカーサー証言を教科書に掲載しようと呼びかけている。
 
 しかしまず常識で考えてみてほしい。この時、マッカーサーはトルーマンに連合国軍最高司令官を解任されたとは言えまだ大統領の座を狙っていた男である。
 
 そんなときにマッカーサーが「太平洋戦争は日本の自衛戦争だった」などと言えるだろうか。またそんな発言があれば只で済むだろうか。
 
 結論から言えばマッカーサーは日本の戦争は自衛だったなどとは一言も言っていない、我が国の保守言論人が誤訳し、国内に広めているだけなのである。

 鳩山元総理が「尖閣諸島は日本が盗んだ」と発言して問題化したが、平和時のあっても公職にあった人物が仮想的を擁護する行為は厳しい批判の的となる。
 
 このマッカーサー証言は戦争終結から5年しか経ていない時期である。まだ大半のアメリカ国民にとって「パールハーバー」も「太平洋戦争」も自らが遭遇した出来事で、従軍した将兵も、戦没者遺族の記憶も生々しい。
 本当に議会でそのような発言がなされれば、マッカーサーの大統領就任の夢など消し飛ぶし、大騒動に発展したはずである。
 
 だが実際には議会にいた誰もマッカーサーの発言に驚いていないし、マスコミも採り上げていなし国民も問題視していない。要は我が国の保守言論人だけがそのように解釈しているだけなのである。

 まずこの主張をしている多くの人が誤解しているが、この上院軍事外交共同委員会は別に大東亜戦争の開戦原因を探ろうという趣旨で開催されたものではない。
 
 すでに中共軍の介入によって膠着状態に陥っていた朝鮮戦争において、その戦局や、中共・台湾などの極東情勢について討議するためのものであった。

 朝鮮戦争は北朝鮮軍の奇襲攻撃に始まり、北朝鮮軍一時米韓軍を釜山まで追い詰めた。だがマッカーサーの仁川上陸作戦「クロマイト作戦」により一変し国連軍の反攻が開始され、ソウルを奪回。平壌も占領し北朝鮮壊滅まで追い詰める。
 だが突如の中共軍の侵攻によって国連軍は38度線まで再度押し戻される形となった。
 膠着した戦局打開ため、マッカーサーはトルーマンの方針に反し、満州への空爆・原爆投下、台湾の蒋介石国民党軍の大陸反攻の許可を主張する。
 本国の方針に真っ向から反対するマッカーサーは聴聞会直前の4月11日に解任され、本国召還となった。
 
 このようにマッカーサーが上院軍事外交共同委員会の聴聞会に呼ばれたのは朝鮮戦争の戦局について分析するためで、「大東亜戦争における日本の行動」などについて論じるためではない。

 以上の背景を踏まえて、具体的に「いわゆるマッカーサー証言」を検討してみよう。

 (原文は産経新聞正論http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2004/maca/01/MacArthur57.htmlに紹介されている、またscopedog氏のブログ「誰かの妄想」には全体の訳文も紹介されている。)

 
 まずマッカーサー証言の発端はヒッケンルーパー上院議員の「赤化中国に対する海空封鎖の提案はアメリカが太平洋戦争で日本に勝利したのと同じ戦略ではありませんか?」という質問である。

 これは明らかにマッカーサーの最大の功績である対日戦を引き合いに出して、中共への封鎖作戦の有効性を証言させてやろうというマッカーサーに好意的なものであろう。

 
 それに対してマッカーサーは

 Yes, sir. In the Pacific we by-passed them. We closed in. You must understand that Japan had an enormous population of nearly 80 million people, crowded into 4 islands. It was about half a farm population. The other half was engaged in industry.
Potentially the labor pool in Japan, both in quantity and quality, is as good as anything that I have ever known. Some place down the line they have discovered what you might call the dignity of labor, that men are happier when they are working and constructing than when they are idling.
This enormous capacity for work meant that they had to have something to work on. They built the factories, they had the labor, but they didn't have the basic materials.
There is practically nothing indigenous to Japan except the silk worm. They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack a great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.


 はい。 太平洋では、私たちは彼らを迂回し包囲しました。日本には4つの島の中におよそ8000万人という莫大な人口がひしめき合っていたことを理解してください。半分は農民で、もう半分は労働者です。私の知る限り、日本の潜在的な労働力は、質量ともに優れています。彼らは、あなたが労働の威厳と呼んでいるものを既に見つけている。つまり、人間は働いている時の方が怠けている時より幸福であると言うことです。
 この莫大な労働人口の余裕は、彼らには職がなければならないことを意味します。彼らは工場を建設し、労働力を持っていましたが、基礎材料をもっていませんでした。
 
 実際、日本には蚕以外に産出するものは何もありません。彼らには綿、羊毛、石油製品、スズ、ゴム、その他多くのものがありませんでした。そして、アジアにはその全てがありました。
彼らは、それらの供給が断ち切られた場合、日本に1000〜1200万人の失業者が生じることを恐れました。 したがって、戦争に突入した目的は、主として安全保障上のものだったのです。



 これを読めば日本を弁護していると見る向きもあるだろう。しかし注意しなければならないのはマッカーサーは一言も「自衛(Self-defence)」であるとは発言していないことである。 
 
 当ブログでは再三にわたり解説してきたが、戦争には「侵略(Aggression)」と「自衛(Self-defence)」という明白な国際法上の区分が存在する。

 どちらも自衛戦争であるとか、双方が好きに定義したらよいというものではない。そして「自衛」を意味する単語は「Self-defence」以外存在しない。

要はマッカーサーは日本は資源がなく、その供給が断たれれば勤労意欲溢れる日本人は大量の失業者を出すだろう。資源確保が日本の開戦原因だったと分析しているだけである。文脈から日本人が餓死するような危機的な状況にあったとは述べていない。

セキリュティー(security)に自衛という意味はなく、よってマッカーサーは日本の弁護など一切していない。また前述したように一人としてそれを直後もその後も問題視していない。

 大半の保守言論人はこの後に続く証言を無視するが、この後の証言がそれを証明している。


 The raw materials -- those countries which furnished raw materials for their manufacture -- such countries as Malaya, Indonesia, the Philippines, and so on -- they, with the advantage of preparedness and surprise, seized all those bases, and their general strategic concept was to hold those outlying bastions, the islands of the Pacific, so that we would bleed ourselves white in trying to reconquer them, and that the losses would be so tremendous that we would ultimately acquiesce in a treaty which would allow them to control the basic products of the places they had captured.

 マレー、インドネシア、フィリピンなど日本での製造に必要な原料を提供する国を、日本は事前準備と奇襲の利点により占領しました。日本の一般的な戦略構想は、太平洋上の島を外郭陣地として確保し、我々がそれらを全て奪い返すには多大の損失が生じると思わせることによって、我々に日本が占領地からの原料確保することを黙認させる、というものです。



 侵略とは挑発に因らざる先制攻撃を意味する。マッカーサーは日本が事前準備と奇襲によって太平洋の島々を占領した、すなわち日本の侵略戦争だと見做していたことは明らかだ。
 自身のいたフィリピンも奇襲攻撃を受け、「アイシャル・リターン」の言葉を残し撤退を余儀なされたのでだから当然だろう。 

 この後日本軍が守る島々を迂回して、制空権と制海権を確保しつつ、日本と占領地の補給戦を断ち封鎖することによって日本を屈服させることができたという証言が続く。
 そして結びは自分のとった日本への封鎖作戦は正しく、日本より資源も物資のなく経戦能力も乏しい中共であれば封鎖作戦で簡単に屈すると結んでいる。

 ようはヒッケンルーパー上院議員が与えてくれた好機を利用して、日本をテストケースとして自身が解任された中国への封鎖作戦の正しさを訴えているのがマッカーサー証言の全体像なのである。

 3日間の聴聞会、しかも長い証言の前後を無視して真ん中部分だけ切り取り、それを保守言論人が恣意的に解釈しているのがマッカーサー証言なのである。


 今やこれは一人歩きし、ネット上では「マッカーサーまでもが大東亜戦争を自衛戦争だと認めた」として、もはや定説と化している。
 そして多くの保守言論人がこれを「米軍人が日本を弁護した史実」として教科書に掲載しようとしている。(すでに明成社の高校教科書には掲載されていたか?)
 ほとんど創作といっても過言ではない「マッカーサー自衛証言」を教科書に掲載したらもう中韓の国定教科書を批難する事などできないだろう。

 現在保守は勢いづき、ネットでも保守の言論が盛り上がっている。そして安部政権の下で保守の悲願である憲法改正を実現しようとしている。

 私も再三、国防体制の充実を唱えてきた一人であり、憲法改正・国防軍の保持にも無論賛成だ。

 しかし改憲を主張する人々は同時に真珠湾攻撃は正当だったと主張している。
 だが国連規約でも、その後の国連憲章でも認められた経済制裁を理由に相手国を武力で先制攻撃することが正当なのだろうか?
 それが許されるなら経済制裁された北朝鮮は日本にミサイル攻撃を加えてよいことになる。追い詰められた北朝鮮の自衛戦争だという論理が成立するのである。
 
 改憲を主張する人が真珠湾攻撃を正当化してれば、創設される国防軍は再び世界に脅威を与える存在になるのではとの疑念を持たれても仕方がない。

 しかもルーズベルトの陰謀だった、いやコミンテルンの陰謀だったともはやなりふり構わずといった感がある。

 真珠湾攻撃は侵略ではないのかという問いに、「あれはコミンテルンの陰謀でアメリカも操られていた」と回答しても大半の人は納得しないだろう。

 マッカーサー自衛証言もルーズベルト陰謀論と同じく、史実から都合のよいところだけ切り取って創作されたものに過ぎない。
 
 マルクス史家が広めた自虐史観は打破すべきだろう、しかし誤りは真摯に認めるべきではないか。
 それを理屈を組み立てて無理やり正当化すれば、再び真珠湾攻撃のような軍事力の暴走を許すのではなかろうか。

 主要参考文献
 「日本国憲法廃棄論」 兵頭二十八 草思社 


                                       滅罪


posted by 右野翼 滅罪 at 03:52 | Comment(37) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。