【真珠湾への道】十四

第二節 日蘭交渉

1941年(昭和 16年)6 月11日にはオランダとの間に重大な出来事があった。

オランダ領東インドから資源を買い取ろうとする日蘭交渉を行っていた。

だが第 29回大本営政府連絡会議において蘭領東インドからの日本代表団の引き揚げが決定されたのである。

交渉不成立はオランダが英米の意向を受けて日本に資源を売却しなかったためだとする説がある。

そしてこれ以降米英支蘭の経済制裁、

俗に言う「 ABCD包囲網」によって日本は追い詰められたとするのが通説である。
abcd-houimou.jpg


日蘭交渉の実態はどのようなものだったのであろうか。

そもそも「 ABCD包囲網」という発想そのものが誤っている。

先述したようにアメリカやイギリスは蒋介石政権をファシスト政権だとして快く思っておらず

重慶との連携を開始するのは真珠湾攻撃すなわち 1941年12 月以降の話である。

 そして日蘭交渉決裂は英米の意向でオランダが決めたものではなく、

日本の意思により決定されたものだった。


1940年(昭和 15年)5 月以降、オランダ領東インドは本国がドイツの占領下に置かれたため、

現地での資源獲得が緊急の課題となっていた。なかでも戦略物資である石油確保は重要とされた。

また蘭印行政府は自国企業保護のため外国企業に対して投資、人員の受け入れを制限を加えるようになった。

これをもって日本企業が不当な圧力を受けたというむきがあるが、

制限を受けたのは日本企業だけではない、

また本国が軍事占領されたという危急を要する際にとった保護政策を責める事は難しいと思われる。


1940年(昭和 15年)7月になると日本では対英戦計画「時局処理要綱」が進められていたが、

前年の 7月には日米通商航海条約破棄が通告され、 40年一月には同条約が失効されることなった。

これまで日本は石油等の戦略物資をアメリカに依存してきたがトラウトマン工作以後、

対日政策は厳しいものとなっていた。まして対英作戦実行ともなれば戦略物資供給停止の恐れもあった。

そこで「時局処理要綱」では日本は代替供給先としてオランダ領東インドを確保するとされた。

日本としては、輸入割当大幅増を目的に蘭印行政府に交渉をもちかけたところ、来訪を歓迎する旨の回答を得た。

1940年(昭和 15年)7 月閣議において代表団長に小林一三選任された。

余談であるが小林は阪急グループ、宝塚の生みの親である。

 これに基づき9月、企画院、外務、商工の各役所から代表が特使として派遣され、

三井物産向井会長・協和鉱業本多常務らと、

ロイヤル・ダッチ・シェル及びスタンダード社との折衝が開始された。


だが交渉は難航した。

日本側が何度も渡り条件吊り上げを計り、蘭印側の不評を買った。

交渉の当初、年間50万トンの石油売却を希望していたが

40年5 月には 100万トン、代表団人選出決定後の8月に 200万トンを要求してきた。

そして代表団到着後の 9月交渉では315 万トンから 380万トンの要求を提示してきた。

300万トンとは1939 年の日本の年間消費量の半分近い数値である。

本国を失った蘭印政府の弱みにつけ込む様な条件吊り上げであり、

しかも 300万トンを要求した9月にはオランダの宿敵ドイツとの同盟締結と北部仏印進駐があり蘭印政府にしてみれば軍事的恫喝を加えられたようなものである。


それでも72 万余トンの石油確保に成功、東京での交渉分他をふくめて計 195万トンの買付が成立した。

だが日本はなお 315万トンから380 万トンの石油と他の物資の入手を強く要求した。


蘭印政府のホーフストラーティン通商局長は

「平時なら 300年の日本・オランダの友好関係に鑑み、いかようにでも譲歩する方法はあるが、食うか食われるかの戦時下においては日本側の要求を満足させることは不可能である」

と日本の要求を拒絶した。


これは当然のことでオランダ側には輸出量を決定する権利がある。

また当時どこの国での石油等の戦略物資は輸出量に一定の制限を設けていた。

しかも蘭印政府は本国政府を失い、今後如何なる事態が発生するか予断を許さない状況下にあり、

またドイツと同盟した日本が南進の動きを見せているのである。

10月に入り代表団は帰国し 1941年(昭和16 年)に入ると芳澤謙吉 (元外相) を団長に第2次代表団が派遣される。

11月12 日、蘭印側の最終回答量が提示された。

この結果 130万トンの石油買付け契約が成立し、

要求していた他の天然資源も以下の通り確保された。

       
最終要求量
最終回答量
受諾率

生ゴム    
20,000
15,000
75.0%

錫・錫鉱石  
3,000
3,000
100.0%

ニッケル   
180,000
150,000
83.3%
ヒマシ    
6,000
6,000
100.0%

規那皮    
600
600
100.0%

樹脂ダマルコパル
1,450
1,400
96.6%

カポック繊維 
1,000
1,200
120.0%

カポック種子 
5,500
6,000
109.1%

コプラ    
25,000
19,800
79.2%

籐      
1,000
1,200
120.0%

パーム油   
12,000
12,000
100.0%

タンニン材  
4,000
1,200
30.0%

ボーキサイト 
400,000
240,000
60.0%

マンガン鉱  
20,000
6,000
30.0%

キニーネ   
80
60
75.0%

黄麻(ジュート)
1,300
1,400
107.7%

合計     
680,930
464,860
68.3%
(注4)


これをみればオランダ側が要求にほぼ応じていることがわかる。



ところがそれに対して日本側は驚くべき反応を見せた。

「今日までの蘭印のやり方は不都合にして、又応諾量も不足故、調印すれば国民は不承知なるべく、佛印や泰等にも日本の弱くなった感想を与え好結果とならず、調印せざるを可とす」(注5)

として自ら交渉を打ち切ったのである。



そして 6月6 日、交渉は決裂するに至る。


そしてこの交渉は蘭印政府の運命を決定した。蘭印軍も敵対の可能性ありとされ、

真珠湾攻撃計画策定の際、英米と共に攻撃対象とされたのである。

≪次の記事 15.南進計画≫


posted by 右野翼 滅罪 at 23:00 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。