【真珠湾への道】二十

第二節 東条内閣
toujouhideki.jpg

1941年(昭和 16年)10 月17日、東條英機に組閣命令が下る。

この時昭和天皇から9月6 日帝国国策要領の決定を白紙に戻すようにという「白紙還元の御諚」が言い渡された。

18日東条内閣が成立した。

海相は海軍が推薦する豊田副武を蹴って島田繁太郎大将。

外相兼拓相は、東郷茂徳。蔵相は賀屋興宣。企画院総裁は鈴木貞一の留任。

これまで東条首相は従来の主張であった即時開戦を翻し、

9月6 日の御前会議の決定を覆しそうと奔走する。


陸軍省・参謀本部の主戦論を抑えるために陸相を兼務し、

さらにクーデターに備えて、内相までも兼務する事となる。



こうして10 月23日から 30日まで国策再検討のための会議が始まります。

これまで主戦論を唱えてきた武藤軍務局長以下の軍務局は路線転換を迫られるが、

田中新一作戦部長を中心とする参謀本部は主戦論に固執する。


10月中旬には陸海軍の作戦分担「南方作戦陸海軍中央協定」が成立し、

開戦劈頭に米英蘭勢力を駆逐して制海権・制空権を握り、南方資源を略取する作戦の最終調整が行われた。

海軍 10月初旬の図上演習の結果、開戦日を 12月初旬と変更しており、

交渉の期限は外交交渉の期限は 11月初旬となっていた。


11月1日の東条内閣連絡会議は、午前9時から深夜に及ぶ激論が続き、

2日の内閣連絡会議では「11月末日まで対米交渉と作戦準備を進める」と決定。


東郷外相は、日米交渉の条件とする『甲案』と『乙案』を提議した。


甲案は、9月29日提出の日本側提案を整理したもので

1、ハル4原則の通商無差別問題は、全世界に適用されるという条件で承認する

2、三国同盟の解釈履行問題は、いわゆる独自解釈に基づく

3、支那撤兵問題は、華北・蒙彊の一定地域と海南島は25年駐屯


それ以外は2年以内に撤退、仏印からはただちに撤退とされていた。

一方乙案は、譲歩案であり、米による資産凍結前=南部仏印進駐前の状態に復帰しようというものだった。

 
1、日米両国は、仏印以外のアジア・太平洋に武力進出を行わず

2、日米両国は、蘭印の物資獲得について協力する

3、日米両国は、通商関係を資産凍結前に戻す

4、日本は南部仏印から撤兵する



11月5日の御前会議で

『帝国国策遂行要領』は原案どおり採決され、海軍軍令部は山本連合艦隊司令長官に対し、

開戦準備の統帥命令を伝達、作戦前の待機拠点に各部隊を展開するように指示した。


11月21日 聯合艦隊は軍令作第5号で「第2開戦準備」を下令

 日米交渉は甲案ついで乙案によって進められたが、米国の態度は強硬であった。

打開をはかるべく大使辞任を申し出ていた野村大使の補佐として来栖三郎特使の派遣を決定、

当時としては異例の空路によって 11月15 日ワシントンに到着した。


11月 26日、野村・来栖両大使はアメリカ側から強硬案ハル・ノートを受領した。
haru-note.jpg

この時、択捉島の単冠湾に集結していた機動部隊は密かに出撃した。

すでにこの時関特演で動員された部隊が続々と満州から南方へと向かい、

連合艦隊はすでに真珠湾攻撃に向けて出向を開始していた。


真珠湾攻撃計画は独り歩きし、

11月を過ぎた時点で数十万の兵が動いておりもはや誰にもその移動を止めることができなかった。

ハルノートは強行な内容であるが交渉の過程に過ぎないと前文に明記されていた。

だが東郷重徳外相は陸海軍を止めることが出来ないと判断し

前文を削除して昭和天皇にアメリカから最後通告が送られてきたと嘘の上奏をした。



12月1日には艦船・部隊に対する無線呼出符号を変更し、

機動部隊は出港後厳重な無線封鎖が実施された。

また九州方面の基地航空部隊や艦隊による偽交信によって、

艦隊所在地を偽装し、作戦意図を悟られぬようにした。


 そして12月8 日、機動部隊はハワイの米艦隊に奇襲攻撃を加え、

陸軍はマレー半島に上陸した。


日華事変の脱却しようと陸軍が対英戦を唱え、海軍の提案で米蘭にまで攻撃を加える事態になった。

軍事作戦が重要視される余り、日本はいつしか世界を敵する戦争に突入したのである。

daitoua-sensou.jpg




脚注

注1(「幕僚たちの太平洋戦争」波多野澄雄  34ページ10 〜11行目)
注2(「幕僚たちの太平洋戦争」波多野澄雄 37 P 2 〜4行目)
注3(「真珠湾燃える」秦郁彦編  P49 2〜3行目)
注4(「戦史叢書 大東亜戦争開戦経緯 4」 P46 )
注5(「戦史叢書 大東亜戦争開戦経緯 4」P51 )
注6(「真珠湾燃える」秦郁彦編  P55 2〜3行目)
注7(「真珠湾燃える」秦郁彦編  P59 6〜7行目)
注8(「真珠湾燃える」秦郁彦編  P61 10 〜12行目)

参考文献
「幕僚たちの太平洋戦争」波多野澄雄 朝日選書
「真珠湾燃える」秦郁彦編 
「第一次世界大戦」 http://ww1.m78.com/
「真珠湾燃える 上」秦幾彦編 現書房
「大東亜戦争の真相」 赤堀篤良 星運社
「ノモンハンの夏」 半藤 一利 文春文庫
「あの戦争は何だったのか」保阪 正康 新潮新書
「技術戦から見る第二次世界大戦」 別宮暖朗  PHP研究所


posted by 右野翼 滅罪 at 23:00 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。