国家元首が2チャンネル脳な件!

ネトウヨの私がゆうのもなんだが、

リビアのカダフィは2チャンネル脳の持ち主だった。

流石にワロタ!

WIKIより

近年は態度を軟化させたとはいえその特異な言動と舌鋒は衰えてはおらず、2009年9月23日に初めて出席した国連総会では、ニューヨーク郊外のニュージャージー州に遊牧民族の伝統に則りテントを張り、そこを宿にした。

また一般演説の席上、国連安保理を「テロ理事会」と批判。国連安保理常任理事国にのみ与えられている拒否権を、国連憲章の前文で謳われている加盟国の平等に反するものと批判し、演壇から国連憲章を投げ捨ててみせ大国による体制を批判したほか[11]、「タリバンが作りたかったのは宗教国家だったのだ。だったらバチカンのように作ららせてやればいい。バチカンもわれわれ(ムスリム)にとっては危険な存在だ」と発言。さらに「オバマがずっと執権していればいい。オバマはアフリカの息子であり私の息子でもある」、「ケネディ元大統領の暗殺はイスラエルの陰謀。捜査した方がいい」「新型インフルエンザは細菌兵器として軍事目的で作り出されたもの」などと怪気炎を発した。これにたいし、会場は笑いに包まれた。カッザーフィーの演説は規定の時間である15分を上回る、1時間36分の長時間にわたった。この演説にたいしてオバマ大統領、クリントン国務長官などは、はじめから退席。イランのアフマディーネジャード大統領も途中で退席。機関銃のように言葉が飛び出す長時間の演説に、国連のアラビア語の同時通訳士が疲れきり、途中で
交代する場面も見られた。


陰謀論者!笑

                                      右野


posted by 右野翼 滅罪 at 15:36 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。