『自衛隊派兵から見る憲法九条の真意〜イラク自衛隊派兵は違憲か〜』その壱

イラク自衛隊派兵は違憲か?

イラク戦争の戦闘終了宣言終結後、陸上自衛隊がサマワに展開し、航空自衛隊もバグダッドにおいて輸送任務に従事した。
自衛隊将兵は困難な状況の中、汗を流し、危険を顧みず復興支援を全うした。自衛隊の活躍がいかなるものであったかについては当時、先遣隊長であった佐藤正久議員の『イラク自衛隊戦闘記』など数々の書籍が出版されており私がここで述べるまでもないだろう。
一方この派兵は様々な論議を呼んだ、主なものの一つに『アメリカの侵略戦争に加担するのか』というものがあった。イラク戦争が国際法の禁ずる侵略戦争に該当しないことは当ブログに掲載した論文『イラク戦争は侵略ではない』ですでに述べたのでそちらを参考にして頂きたい。
また反対意見の主たるものとして『この派兵は憲法違反である』というものである。
このような主張は各メディアで繰り返され、またイラク派兵と前後して左翼団体によって各地でイラク自衛隊派兵違憲訴訟が行われた。
彼らの主張はイラクに派遣された自衛隊員がテロリストの襲撃を受けそれに対し反撃を行った場合、それは憲法9条1項の禁ずる『国権の発動たる戦争』または『武力の行使』に該当するというのである。
一見するとある程度の説得力があるようには見える。だがこのような主張をする者は9条の意味を何ら理解しておらず、まさに『9条読みの9条知らず』と評するしかない。
彼らはそもそも9条問題の根幹をなす『国権の発動たる戦争』あるいは『武力の行使』すら正確に理解していないのである


posted by 右野翼 滅罪 at 17:56 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。