ミンスが発禁にすると噂されたホームフロント



 本作品は単なるフィクションだと笑えない箇所が多い。まずこの作品は金正日死亡前の作品である。
 4分ぐらいから北朝鮮軍の大量虐殺のシーンがあるが、北朝鮮軍は朝鮮戦争でこうした虐殺を実施している。
 
 もちろん北朝鮮にここまでの力はない、だがこれが中国だとすれば比較的妥当なのではないか。アメリカ本土到達は無理でも沖縄や東南アジア侵攻なら十分可能だ。

 中東情勢緊迫、アメリカの経済悪化、アメリカのモンロー(孤立)主義への回帰、日本の左翼政権の降伏、日本人虐殺事件、これはあながち笑えないシナリオではないだろうか。

 本作はストーリーもさることながらFPSとしても面白い、銃火器も普通ドイツ製のMP5やフランス製FAMASが登場するはずだがこのゲームではアメリカ銃器メーカーのマニアックな火器が多用される。
 きっとアメリカの愛国者がシナリオを書いたのだろう。国産メーカーへのこだわりを感じる。

 どうでもいいことだが市民に投降を呼びかける北朝鮮兵の女性アナウンサーの声が魔法少女まどか☆マギカの暁美ほむらに似ているという噂があり、声優は斎藤千和ではないかと言われたがどうも違うようである。(しかしほむほむにとても似ている・・・)

 最後にくだらないことを書いたがホームフロントやや古いゲームだがおすすめである。

 東日本大震災に続いてこのような国難が現実とならないことを願いたい。

                                  滅罪
 
 


posted by 右野翼 滅罪 at 21:18 | Comment(0) | 【オススメ動画】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。