日本国民よ、なぜ自民党を見捨てた!!



 こうなることはわかりきっていたはずだった。
 自民党にもいろいろと問題はあった、だが腐っても我が国の唯一の保守政党だ。
 
 河野洋平や加藤紘一のような左翼もいた、私も彼らの大罪は許せない。
 だが少なくとも今のミンスの連中よりは常識もあったし、良心もあった。少なくとも自民党時代には万座で御皇室を罵倒するような野蛮人はいなかった。

 また自民党は国民新党や維新の会との違いは皇室や安全保障に対する知識が深い。

 様々な知識やノウハウがあるし、多くの先生方の不断の努力があったからこそ現在の日本の繁栄があったのである。

 だが日本国民にとって平和や豊かさは空気と同じようになっていたのではないか。
 
 外国が攻めてくるはずがない、そんなことよりも経済だ。誰がなっても同じ、自民党は我々に何もしてくれない。

 かくして日本国民は最悪の選択をしてしまったのだ。その根底にあるのは我欲だ。

 もちろん自民党にも誤りがあった、あったからこそ惨敗した。そして我々保守も国民各位に民主党の危険を周知できなかったのは事実だ。

 自民党もある意味で負けて膿を出し切った、我々保守もこの国難にあるいまこそ国家の基本問題について国民各位に考えていただくよう世論を喚起しなければならない。

 再び再生せよ自民党!!


                                     滅罪




posted by 右野翼 滅罪 at 20:18 | Comment(0) | 【オススメ動画】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。