誕生日とアンチエイジング!


今日はどうやら誕生日だったらしい。
人から言われて気が付いた。

自分で気づかなかったのは始めてた。

33年か、それにしても長く生きてきたもんだ。

年取った!!
歳を取るのは嫌なもんだ。

と思わなければいけないのかもしれないが、さっぱりそう思わない。


それどころか、同年代の友人と集まって、『歳とった』どうのこうのばかり言われると困惑してしまう。

歳を重ねるということ、
私には感謝しかない!!

なんかカッコつけて言ってるように聞こえるかもしれないが、
そうではなくて昔からそう言う話題が低俗に見えて嫌いだという、狭量な人間なのである。


まず鑑みるのは、先の大戦で散っていかれた先人様を思う。

特に私は、特別攻撃隊の皆様を人生の見本であり、
神のごとくあがめてやまないある意味狂信的ですらある信者なので、

その方々達を思う。


わずか18歳で、23歳、25歳……

家族を残し、無限の可能性を捨て、国難に奮い立った。


この方々達は、どれほど歳を重ねたかっただろう??


この方々が後一年、歳を重ねる事が出来たなら、

三十路を迎える事なく死んで行かれた方々、

有難いという気持ちしか湧いて来ない。


そして、後昨今の無様なまでのアンチエイジング社会である。

情けない、情けない。


多分、たった一人俺だけがこんな事を思ってる、

それは分かってる。


しかし、アンチエイジング思想や大人になる事を『老いること』としかとらえられなくなった、この考え方は西洋由来のものである事は明白ではないか??


日本には『長幼の序』があったのではなかったか??

『目上の人の言う事を聞き、
下の者の面倒をよく見る、』


これを言うと、『封建的だ!!』という騒ぎになる。


これは洗脳でも何でもない、
天地自然の理ではないか、

先に生まれた者を先生と敬うのが人の心だ。


否!!

西洋では違うかもしれない。

日本人の心ではないか!!


これは理屈なく日本人だと腑に落ちる話のはずだ。


素直な後輩にはついつい可愛くて何か教えたくなったり、面倒見たくなったり、

凄い先輩を見て、尊敬し、その人に認められ、教えを受ける事に喜びを覚えたり。


そんな万物に宿る天地自然の理、

『長幼の序』を不合理の一言で、
捨ててしまい。


『俺ももう歳でねーー、だめだわー』
みたいな醜いアンチエイジング人間達を量産したのではなかったのか!!


誕生日にいきなり怒りをぶちまけるという事をしてしまったわけだが、

日本は、先人が愛した、そして私も愛する美しき日本が日本でなくなって行く姿は、

目を背けようといくら努力しても、私にとってそれは常に徒労となるのである。


今まで生きた中でお世話になった方々ありがとうございます。

この一年大事に生きます。


posted by 右野翼 滅罪 at 22:37 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。