サウンドステージ〜武井壮にみる陽明学〜

幕末期に爆発的に流行した思想とはなんだろうか??

「陽明学」である。

官学の「朱子学」の裏で、大流行していた真逆の考え方「陽明学」

自らの信ずる志に従い、肉体をも顧みず一徹に生きた明治の志士たちの熱烈な精神性と爆発的な行動力を生んだ「陽明学」はその後、危険思想となる。

しかし、現代に来てその思想を体現している人間がいた。

その男、「武井壮」!!

その身体の練り方に陽明学をみる。

posted by 右野翼 滅罪 at 20:00 | Comment(0) | 【サウンドステージ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。