サウンドステージ〜武井壮にみる陽明学〜

幕末期に爆発的に流行した思想とはなんだろうか??

「陽明学」である。

官学の「朱子学」の裏で、大流行していた真逆の考え方「陽明学」

自らの信ずる志に従い、肉体をも顧みず一徹に生きた明治の志士たちの熱烈な精神性と爆発的な行動力を生んだ「陽明学」はその後、危険思想となる。

しかし、現代に来てその思想を体現している人間がいた。

その男、「武井壮」!!

その身体の練り方に陽明学をみる。

posted by 右野翼 滅罪 at 20:00 | Comment(0) | 【サウンドステージ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウンドステージ〜「硫黄島の奇跡」〜

硫黄島の敢闘!!

そして、敗北!!

その敗北理由は「物量」だと言われた。

しかし、そうではなかった。

孤島に軍を置き去りにするという、軍部の徹底的「無知」により補給が完全に断たれた状態での闘いを余儀なくされた栗林忠道中将率いる部隊は、腹をくくる。

敢闘と根性ばかりで語られる「硫黄島の闘い」を滅罪が冷静に分析する。

何がアメリカに日本軍への見方を一変させたのか??

圧倒的不利、必敗の状況のなか、キルレシオで上回った戦術とは??

これを聴かずに「硫黄島」を語るなかれ!!



posted by 右野翼 滅罪 at 20:00 | Comment(0) | 【サウンドステージ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サウンドステージ〜世界最古の文明「縄文文化」〜

日本の文化は「中国や朝鮮から入った後発のもの」であるという言説が未だに一般的かと思いますが、

土器が見つかった事をきっかけに、日本の文化の起源は大きくさかのぼる事になりました。

シュメールでも6000年。

では日本は???



更に縄文期は昔は、飢え死にしまくっていた最悪の時代と語られる事もありましたが、
結構、皆豊かに暮らしていました。

日本にお米は自生していたので、お米も食べています。

そして、最近では「縄文ワイン」とか言われて少しはやりましたが、

果実酒(ワイン)の起源はどうやら日本のようです。

果実によってアルコール醸したのでは?と思われる痕跡が見つかりました。

「ブルゴーニュだとか片腹痛いわい!新参者め!」

などと、フランス人に会ったら心の中でほくそえみましょう。




posted by 右野翼 滅罪 at 22:20 | Comment(0) | 【サウンドステージ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。