英語への憧れ、長い伝統を持つ日本語



英語を話したい!

憧れる。

特に最近は強くその気持ちを思う。

インターネットユーザーの使う言語は英語だからだ。


ネットに触れるようになると加速度的に英語ができたらなぁと思う。

そして、その一方、英語どころか自分の日本語力のなさにもまた失望する。

現代ではネットや雑誌、新著などで、テキスト情報が氾濫しており、確かに文字媒体はかなりリッチになって来ている、

そして、テキストを読む人の数は莫大になっただろう。

メールでも、LINEでも、テキストをやり取りし続けるし、

ブログやFacebookなどでも、
文字を扱う仕事で無い人でも、沢山の文字を読み書きするようになっただろう。

だが、日本人の文章力が向上しているかと言えば、

深みに関して言えば断然、否である。


三島由紀夫作品

あまり本を読む事を苦手とせず、
長文も読む方である私でも、

さらさらと読める作品では無い。

確かに世界観に捕まって、
のめり込んで見てしまう
怪作であるのは確かだが、

かなり難解な単語や文章である。

これが大ヒットして、かなり多くの人が面白がって読んでたというのは私にとっては驚きだ。


今の、下らん新著の中に三島作品があったら、そんなに皆手にとって見たかどうか?それは疑問だ。


私が生きている間だけでも、

昔は本を読む人は賢い、

というイメージがあった。

それもそのはず、昔の本は、

ゲームなどの娯楽感覚でポンポン読めるモノは少なかったからだ。


日本語力が必要だったのである。


まあ、その日本語力がなくなった現代人の話はさておき、

英語である。

出来たら、日本語にも卓越して、

英語も話せるのがいいのだが、

憧れ程度の私にそれは無理だ。

いや、いつかやるつもりだが……

今日、武田鉄矢の三枚下ろしを聴いていたら面白い指摘をしていた。

日本はアジアで、英語力は最下位レベル、北朝鮮と争う程らしい。

まあ、『英語力がない』と言われて何も感じなくても、

北朝鮮と同レベル!!

と言われると、どうしても看過出来ないのがネトウヨであるからして、

これは絶対に許せんわけである。


しかし、ここで重要な指摘があった。

英語力一位!

シンガポール!

この国は公用語はマレー語だが、英語もほぼ公用語で、自国に何もなく、主に貿易で成り立つ国であるから、英語が出来ないと仕事にならない悲しい国である。

お近くの韓国、
英語がステータスらしく、
英語出来ないと住めないマンションあり、就職差別があるくらい、勘違いうんちな奴隷英語観を持つ論外民族、(ここで民族、と言ったのは、あくまで奴らはエスニックと言う意味での民族であり、ネイションと言う国家の成員を意味する民族だと筆者は認めていないからである)

中国!!
日本より格段に上の中級くらい。
かなり英語が出来る人はいるらしいが、
漢字を読めない人達が一億人近く、そして共通の言語でのコミュニケーションが必ずしも成立していない土人国家、というより、たんなる土地です。

インド!!
インド人は英語は達者であります。
しかし、英語以外に母国語での共通語を持たず、
公式の場で共通のコミュニケーションをはかろうとしたら英語を使しかないと言う、
お釈迦さんも、あの世で涙目の、
言語後進国であります。


何が言いたいのか????

何も他国をけなしたいわけではないのです。

いや、けなしたいですが、

けなして欲求不満を解消するのは、

二の次の話でありまして、


英語を使わなくても、
何の問題もなく、

国内も国外も悠々自適の、

奇跡の大国!!!!

日本に産まれ、

世界に類なき、日本語を話して、様々な方々とコミュニケーションとれる事が何より素晴らしい事であると認識したのであります。


日本語は即ち国力であります。

この圧倒的アドバンテージを、受けつがして頂いて、生きている我々日本人が、

日本人は英語が出来ない……

などと言う、

下痢くずゴミくそぼっとん便所汲み取り級の、頭の悪い発想は持たなくても良いのです!!!


外来語を話さなくても全く問題ない国に生まれて良かったなぁ!!!


とありがたく感謝して終わりたいですが、

最後にエクスキューズ!!


これは、英語を勉強しなくていいとか、

日本語一本で十分と言っているわけではありません、

英語は絶対役に立つ!!

この考えは僕の中で変わりません。

このサイトも、

英語で訴えたいコンテンツが沢山あり、

大東亜戦争や、その他様々なメインコンテンツは英語に訳す計画もあります。


日本語は世界からみたらやはり一言語であり、わからない人ばかりであります。

これは英語を学ぶ人批判ではなく、

英語力の高い国々の事情を鑑みると、

かなり辛いモノがあり、

全然羨ましくない、どころか
そんな国絶対にいやだ!!


という事情で英語を使っている場合が多い!!

と言う指摘をしているとご理解頂ければ、

僕は嬉しくて、君が代を歌ってしまうかもしれません。


それでは、また会いましょう。

サイツェン!
posted by 右野翼 滅罪 at 22:56 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体罰?何それ?おいしいの?

まずはこちらをご覧ください!!



今ネットで、大きく話題になっている動画です。

私なんて柔道部時代、こんなの屁でもないほどしばかれた事あります。

でも、そのときの事を考えて、恨みも感じていませんし

善悪の観点からみてその先生を失格だと一つも思いません。



この動画を論じる時、ヒステリックに悪魔の教師のごとく批判するコメントが大多数ですが、

ああ、このような世の中になってしまったのだなあと、失望いたしました。


今の世の中では、もはや気合いや精神力、といったものでは教育は
できなくなったのでしょう。

これは人をのばす上において非常に重要な、

ノウハウが一つ消えてしまったと思います。


現代は、ほめてのばす、意味を理解させてモチベーションを高める

成功イメージを作る、などなど色々なメソッドがありますが、

基本プレッシャーをかけたり、

力を加えて、やる気や能力を引き出すやり方を極端に嫌うどころか、

この動画のように失職してしまう危険性があるため、

使えない方法となりつつ有るようです。


このままいけば親でさえも、

体罰と批判され、堂々と子供を平手で指導する事はできなくなるでしょう。


体罰はいいか悪いか??

という馬鹿ゴキブリ菌並みの脳みそで考えたような対立軸で考えるなら、

時間はかかるかもしれませんが、

結論はどうなるか明らかです!!


体罰は悪い!


となるに決まっている対立軸なのです。


暴力団員を取り締まるときに人権を侵害してもいいのか?悪いのか?


例えは悪いですが、この問いも結果は見えているでしょう。


悪い!!という結論になるに決まっているのです。

しかし、時として警察は犯罪を取り締まるときに、

人権侵害ぎりぎり!もしくはほぼ人権侵害!という方法を、

選択肢として持っています。

僕からすれば当たり前の話ですが。

どちらにしろ。

このような中身のない対立軸をもうける事は左翼の得意技です。


保守でさえも、この対立軸にのって、

体罰はいる!とかいらない!とかいう土俵で論議するのです。


この問い自体がくだらない。

という事を誰かが指摘するべきです。


いや、僕がしてるわけですが。。。。。


人は、論理では動きません。


自分はこれ以上の力は出せない!

と思ってたときに、『君ならできるよ!』と言われて、
力が出る場合もあるでしょうが、

『後一踏ん張り、気合い入れんかい!!』バシッ!

と平手打ちされて後一踏ん張りできる場合もあるでしょう。


私はかなり、有効な手段であるように思います。

がんばっている人は分かってくれると思いますが、

自分で自分の限界を突破するのは難しいです。


昔朝起きるときに、母親が冬にも関わらず、

布団をまくり上げるのを思い出します。

そして僕は嫌が応にも起きてしまうのです。


このときに、母親が起きる事の必要性を説いたり、

起きるための方法を教えてくれたり、

起きれた時にほめてくれても何の意味もなかったでしょう。


布団をはぐれば、寒さが肌に伝わり、それに体が反応して、
目が覚める。

一時的に僕は嫌な思いをしますが、母親のとった行動を妥当と思います。


論は、体や心まで届かせるのは非常に難しいです。


この話題の動画を見る限り、

この平手を食らってもダメージはありません。

食らった方も、大きな声で、やったるわい!といった

『はい!!』という返事を身を乗り出してしています。

明らかにこの男の子が憎くてダメージを与えようとして

平手打ちをしていない事がわかります。


ふんわりとした気持ちでいるより、

『くそったれ!!なにくそ!!やったるぞ!こら!!』

という怒りにも似た奮起は力を最大限に出すときにすごく有効です。


ボクシングでも、わざと相手をけなしたり、険悪な空気にする事はあります。

あれは、半分演出、半分モチベーションの高揚のためです。

相手を憎んでいる訳ではないですが、

憎悪するかのような怒りを自分で作って、奮起するのです。


語ると難しくなりますが、男なら誰でも分かる事です。


人間は自分に甘いです、

怠けたくて、楽したいものです。

そんな中、自分の心に火をつけたり、

他を凌駕するほどの、圧倒的行動量を確保するほどの、

精神的推進力を得るのは、並大抵ではありません。


人間、『やらないととんでもない事になる』と

体と心が思い知ったときは、ものすごい力を発揮します。

決して、頭ではありません、頭で言葉の上で意味を理解しただけでは、

そのような推進力は生まれません。


頭での理解、というのは非常に理解の中でも弱いものです。

心で分かる、つまり腑に落ちるという段階はそれよりかなり強いです。

その次は、体で分かる、感じる。が強い。


究極は、完全に習慣化されて、思いと体が一致して動いている状態。


自然にやっていて意識すらしていない状態!!

これを陽明学では知行合一といいます。


思考と行為がまったく一致していて、

意識にすら上らない!

これが理想です。


話は横にずれましたが、


圧倒的行動量や集中力、心にともる炎、

なにくそ、やってやる。

もう一歩の最後の最後の精神力!

これは、永遠のテーマです。

平手で喝をいれる。

意味をゆっくり諭すだけでなく、

音量と口調を駆使して、モチベーションを引き出す。


このやり方は非常に有効に作用する局面が、

かなり多いと考えます。


どうか、

『体罰は悪い!!』

といった様な、

ゴミカスゲロまみれウンコ人間たちの、

脳腐り虫湧き沸騰スローガンに世の中が汚染されませんように。

それを祈って、筆を置きます。

右野翼 拝









posted by 右野翼 滅罪 at 01:29 | Comment(2) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河野洋平!反日在日スパイ談話撤回へ!慰安婦問題!


河野洋平というと、売国奴の筆頭にあがる事もあるくらい

売国奴のキングオブキングトライブボンバーマンである。

強制連行はなかったという閣議決定がなされたとはいえ、

未だに日本は朝鮮人の皆様に多大な迷惑をおかけした談話。

河野談話は政府の公式見解なのである。

これは外国が騒ぐのを攻められるわけがない!!!


『いや、あんたの国の正式な見解じゃないか!!』

と外人から言われたら、

『アイムサムライ、ブシドウ、センジンバカニスナ!!』

とかわけわからん事いいながら殴りかかるくらいしか、
手がなく、言い返しようがないのである。

在日朝鮮人の中共スパイの反日人間と言われてもしかたのないこのおっさんだが、

もちろんこの人、河野洋平、太郎達は日本人です!!!

エリートであるネトウヨの皆さんは勘違いしないでね!!

まあ、しかし、うれしいやーね。

日本も負けちゃいませんよ。

今回、署名を持っての堂々たる提訴になりそうでありますから!!

一気に、日本の夜明けにかけのぼらないかんぜよ!!

河野談話なんかすぐに撤廃して!!


『朝鮮は、おまえらが糞だから併合するはめになったんだ、
このバーカバーカ、十年以内に、在日みんな朝鮮半島に強制送還じゃい!!』

の右野談話を出せば、この世は平和やね!!

ほいじゃあ、アンニョン!!
posted by 右野翼 滅罪 at 01:11 | Comment(0) | 【日記】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。